top of page

オレンジカード発行

更新日:2021年1月23日

 当院では2019年4月より「オレンジカード」を発行して、在宅療養の患者・家族の皆様を一年 中365日24時間サポートするシステムを立ち上げました。是非ご利用ください。

  いままでは、緩和ケア病棟開設後15年間にわたって「オレンジバルーン」を緩和ケア病棟 退院の患者さん対象に掲げて、365日24時間いつでも入院をお引き受けしておりました。オレ ンジバルーンは日本緩和医療学会のシンボルマークです。

 このたびの「オレンジカード」の発行は当院の在宅療養のサポート体制をより明確にして、患 者・家族の皆様に安心して頂くことが目的です。オレンジカード対象の患者さんは、緩和ケア 病棟から退院された患者さんの他に、当院からの往診・訪問看護を受けている神経難病・脳 血管障害・認知症・慢性心不全・慢性呼吸不全などの在宅療養中の患者さんです。

 患者・家族の皆様に「オレンジカード」をお渡しして、なにか困った際には病院に電話してい ただきすぐに対応する体制です。一年中、いつでも365日24時間対応いたします。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病棟内へのご家族の立ち入り(面会の制限について)

コロナウイルスによる感染が続いており収束までにはまだ時間を要しそうです。当院ではコロナウイルス感染者数の減少やコロナウイルスに対する感染対策の徹底など今までの経験を踏まえ、面会時間を下記のとおり緩和させていただきます。 *3親等以内またはキーパーソンの方で、無症状・周囲にコロナ陽性者がいない場合は、マスクを装着し、1時間以内の面会が可能です。 *面会時間と面会人数 15:30~17:30(日曜・祝

コロナワクチン6回目接種のお知らせ

4月15日の日本内科学会COVID-19シンポジウムにて、我が国の高齢者のCOVID-19抗体陽性者が著しく少なく、感染リスクが非常に高い。アメリカ・ヨーロッパの高齢者のCOVID-19感染後の抗体は高く、イギリスは90%が陽性。一方、我が国では高齢者の抗体はわずか30%。必ず到来すると言われている第9波、10波により、我が国の高齢者の死亡者数が世界で最高になると懸念される発表が京都大学公衆衛生学

Comments


bottom of page