top of page

医療法人若葉会 行動計画(第3回)(2020.1.15)

職員が働きやすい職場となるよう、常に見直しを行い特に女性社員が結婚後も継続して就業できるよう、妊娠・出産・復職時における支援のあり方を検討する。

 1.計画期間 2020年1月1日~2024年12月31日までの5年間

 2.内容

目標1

 妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口を再確立する。

 <対策>

 ・2020年1月~  リーフレットの内容を再検討  ・2021年1月~  リーフレットを作成

 ・2021年1月~  リーフレットを職員に周知

目標2

 出産・子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

 <対策>

 ・2020年1月~  婚姻・育児等の退職者についての再雇用制度を再度検討する

 ・2021年1月~  婚姻・育児等の退職者についての再雇用制度を促進する

目標3

 全職員が有給取得日数の60%以上消化する。

 <対策>

 ・2020年1月~  有給休暇の取得状況を把握する。  ・2021年1月~  全職員に有給取得日数の60%以上を消化する事を周知徹底する

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病棟内へのご家族の立ち入り(面会の制限について)

コロナウイルスによる感染が続いており収束までにはまだ時間を要しそうです。当院ではコロナウイルス感染者数の減少やコロナウイルスに対する感染対策の徹底など今までの経験を踏まえ、面会時間を下記のとおり緩和させていただきます。 *3親等以内またはキーパーソンの方で、無症状・周囲にコロナ陽性者がいない場合は、マスクを装着し、1時間以内の面会が可能です。 *面会時間と面会人数 15:30~17:30(日曜・祝

コロナワクチン6回目接種のお知らせ

4月15日の日本内科学会COVID-19シンポジウムにて、我が国の高齢者のCOVID-19抗体陽性者が著しく少なく、感染リスクが非常に高い。アメリカ・ヨーロッパの高齢者のCOVID-19感染後の抗体は高く、イギリスは90%が陽性。一方、我が国では高齢者の抗体はわずか30%。必ず到来すると言われている第9波、10波により、我が国の高齢者の死亡者数が世界で最高になると懸念される発表が京都大学公衆衛生学

Comments


bottom of page