地域包括ケア病床について(2015.5.14)

更新日:2021年1月23日

「地域包括ケアシステム」は、高齢者の尊厳の保持と自立支援の目的のもとで、皆が住み慣れた地域で人生の最期まで暮らせる事が出来るようにすることを目的にし我が国の2030年の超高齢化社会に対応するシステムです。当院は、このシステムの中で緩和ケアとリハビリテーションを融合させることで質の高いケアを提供し、患者さんのQOLの向上を図ることを運営方針にしています。

<このような方を対象としています>

①急性期病棟での治療後、退院を目指したリハビリが必要な方、

②自宅や施設で療養中に肺炎や発熱、脱水、骨折、けがなど重症度の観点から急性期病棟よりもリハビリを重視した入院加療が望ましい方、

③自宅、施設等で療養中の方で誤嚥予防や日常生活動作(ADL)向上のためのリハビリテーションが必要な方。



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

当院では、「かかりつけ医」機能を有する病院として機能強化加算を算定しております。 健康診断の結果等の健康管理に係る相談に応じます 保健・福祉サービスに関する相談に応じます 必要に応じて専門医または専門医療機関を紹介します 医療機能情報提供制度を利用して、かかりつけ医を有する医療機関が検索可能です 介護保険・リハビリテーション・認知症の相談に応じます 夜間・休日の問い合わせへの対応を行います お気軽

米田和夫先生が4月1日より就任いたします。 徳島大学医学部呼吸器・膠原病内科医局より着任します。 米田先生は、県立中央病院、阿南医療センターで呼吸器・膠原病リウマチを中心に内科全体について診療してきました。 当院では、診療部長、感染症対策委員長として頑張っていただきます。 ・日本呼吸器学会専門医 ・日本リウマチ学会専門医 ・日本感染症学会専門医