top of page

地域包括ケア病床について(2015.5.14)

更新日:2021年1月23日

「地域包括ケアシステム」は、高齢者の尊厳の保持と自立支援の目的のもとで、皆が住み慣れた地域で人生の最期まで暮らせる事が出来るようにすることを目的にし我が国の2030年の超高齢化社会に対応するシステムです。当院は、このシステムの中で緩和ケアとリハビリテーションを融合させることで質の高いケアを提供し、患者さんのQOLの向上を図ることを運営方針にしています。

<このような方を対象としています>

①急性期病棟での治療後、退院を目指したリハビリが必要な方、

②自宅や施設で療養中に肺炎や発熱、脱水、骨折、けがなど重症度の観点から急性期病棟よりもリハビリを重視した入院加療が望ましい方、

③自宅、施設等で療養中の方で誤嚥予防や日常生活動作(ADL)向上のためのリハビリテーションが必要な方。



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

情報通信機器を用いた診療での向精神薬処方の取扱い

当院では情報通信機器を用いた診療(オンラインでの診療)の初診患者さん(初めての診察や長らく間隔が空いた方)に対して向精神薬の処方はいたしません。 ご理解の程よろしくお願いいたします。 2024年5月15日 近藤内科病院

休診のお知らせ

5月31日(金) 近藤彰医師は、日本神経学会に出席のため休診となります。 午前 米田和夫医師 午後 田中宏典医師    が外来担当いたします。

Comments


bottom of page