top of page

迅速なコロナPCR検査

第6波に備えて、迅速なPCR検査を行いコロナに対する経口薬で治療ができるように準備しております。

今年12月に承認されると言われている米国メルク製経口コロナ薬(モルヌビラ)は、コロナワクチンの接種と同じく、COVID-19による生命の脅威をさらに軽減させます。この薬剤は発症直後に使用すると効果が良いと言われており、早期診断が必要です。そのため当院検査部において、唾液から採取した検体を用いて90分~120分で感染の有無を確認する方法(島津製作所)を10月中旬に導入しました。



閲覧数:325回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナウイルスによる感染が続いており収束までにはまだ時間を要しそうです。当院ではコロナウイルス感染者数の減少やコロナウイルスに対する感染対策の徹底など今までの経験を踏まえ、面会時間を下記のとおり緩和させていただきます。 *3親等以内またはキーパーソンの方で、無症状・周囲にコロナ陽性者がいない場合は、マスクを装着し、1時間以内の面会が可能です。 *面会時間と面会人数 15:30~17:30(日曜・祝

4月15日の日本内科学会COVID-19シンポジウムにて、我が国の高齢者のCOVID-19抗体陽性者が著しく少なく、感染リスクが非常に高い。アメリカ・ヨーロッパの高齢者のCOVID-19感染後の抗体は高く、イギリスは90%が陽性。一方、我が国では高齢者の抗体はわずか30%。必ず到来すると言われている第9波、10波により、我が国の高齢者の死亡者数が世界で最高になると懸念される発表が京都大学公衆衛生学

bottom of page