top of page

院   是

近藤内科病院 院是(理念)

私たちは医療技術と心を磨き、患者の皆様が常に最良の医療が

受けられるように全力を尽くします。

  • 命の質(QOL)を高める医療

  • 患者・家族の皆様が安心できる医療

  • 職員が楽しく働ける医療

  • 社会の進歩に貢献できる医療

近藤内科病院 基本方針

私たちは、仕事を楽しみ、努力し技術を磨き、

自己変革をするエネルギーを養って、日々の生活を豊かなものにします。

1.患者さん一人ひとりに、安全で根拠に基づく良質な医療を提供します。

2.患者さんに満足していただけるサービスを提供します。

3.患者さんが安心して快適な療養生活ができる環境を提供します。

4.すべての患者さんの権利を最大限尊重した医療を提供します。

患者の皆様の権利と責任

当院では、診療を受けられる皆様をひとりの人として尊重し最良の医療が受けられることを基本姿勢として、信頼関係で結ばれた医療サービスの提供を行います。医療は患者の皆様と医療提供者が対等の立場に立ち、協同してつくりあげていくものです。そこで患者の皆様の権利と責任について明記し、病院と皆様が協力して最良の医療の実現に努めます。

1 医療を受ける権利

  どなたでも公平に、安全で最良の医療を継続して受けることができます。

2 個人が尊重される権利

  個人の人格・宗教・価値観などが尊重され、生活の質や生活背景に配慮される権利があります。

3 知る権利

  ご自分の病気や、検査・治療方法について理解・納得できるまで説明を受けることができるとともに、

  自己の診療記録の開示を求めることができます。

4 自己決定する権利

  十分な情報提供を受けた上で、ご自身の意思により検査や治療などについて選択することができます。

  また病院内の他の医師や、他の病院の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。

5 プライバシーが守られる権利

  自己の医療に関する記録や個人情報・プライバシーは保護されます。

6 医療への参加と協力の責任

  自分の健康・疾病に関するすべての情報をできるだけ正確に教えてください。納得のいく医療を受ける

  ために、また自己決定のためにもわからないことがあれば何度でもおたずねください。病院内や社会の

  ルールを守り病院職員による医療提供や他の患者様の治療に支障を与えないような配慮をお願いします。

  診療費の自己負担分等の費用は、遅滞なくお納めください。

  ※医療にご協力いただけない場合や、院内や社会のルールを遵守されない場合は以後の診療をお断りすることがあります。

  ※暴力・脅迫等の触法行為があった場合は、直ちに警察に通報いたします。

                                 (平成20年3月27日 改訂)

医療法人若葉会 新5ヵ年計画

今年、開院40年・緩和ケア病棟21年目を迎える。これまでの医療・ケアをとおしての地域社会での貢献、信頼、経験を検証し、今後の若葉会5年間を展望する。

 コロナ感染症4年間、若葉会は職員一丸となり感染予防・迅速な診断・的確な治療を行い地域社会での信頼を得ている。またコロナ過、チーム医療・患者家族とのコミュニケーション・自己決定支援等の重要性を再認識することが出来た。新しい診療として、心不全緩和ケア・心リハビリテーションを始め、リハビリセンターを新設し、多くの患者に対応できるようにした。サルコペニア・フレイルの原因の一つですが、これらの事業を通して地域社会に貢献しSDGを目指す。またMRIを導入して、脊柱・関節疾患と脳神経系の診断と治療のレベルアップを図っている。

 

1)緩和ケアの拡大

  A) 心不全の緩和ケア

  ・緩和ケア対象を、従来のがん疾患のほかに命をおびやかすすべての疾患にする。 

  ・心不全の緩和ケア

  ・徳島県心不全ネットワークで、緩和ケア(心リハビリテーション)を担当し、緩和ケア(心リハ)を病院から自宅まで継続する。

 

  B) がんの緩和ケア

  ・がんの緩和ケアでは、免疫チェックポイント薬剤の登場後、生命予後は改善し、全がん患者の10年生存率は60%を超えている。そのため病院から地域での緩和ケアの提供が求められる。緩和ケアを通してがんサバイバーの支援を図る。

  ・生命予後の改善は著しい。しかし、緩和ケア病棟では脳転移腫瘍によるQOLの低下がケアの課題になっている。精神症状のコントロールを工夫してQOLが維持できるケアをする。

  

  C)  ACP(アドバンス・ケア・プランニング)

  狭義のACPである最終段階の自己決定支援は緩和ケアの根幹であり、ACPは患者・家族が安心して納得する。我々医療者は尊厳ある生、尊厳ある死を患者さんと共有できACPは癒し癒されるケアである。医療法人若葉会は全職員がACPに取り組む組織を目指す。

 

2)地域包括ケアシステム

  A)  地域包括ケア病床

  ・心不全、脳血管障害

  ・糖尿病、腎不全

  ・誤嚥性肺炎、肺繊維症、呼吸不全 

  ・脊柱管狭窄、膝関節症

  ・パーキンソン病、神経難病

  ・アルツハイマー認知症

  ・MRIにて診断精度は向上し、SGLT-2など薬剤の進歩はめざましい。退院患者の切れ目ないケアを提供できるシステムを構築する。

 

3)最新医療

  心不全に対する基本薬剤(ファンタスティック4)、腎不全に対するSGLT-2、エリスロポエチン製剤の積極的処方

  アルツハイマー型認知症に対し、2024年から治療薬(レカネマブ)での早期認知症患者の治療を開始する。レカネマブは認知症治療薬で初めての疾患修飾薬であり、これから始まる認知症治療の第1段階である。

 

4)在宅ケアセンターの充実を図る

  グループホーム、デイサービスの活性化

  デイケア・訪問リハ・訪問看護とリンクし利用者増を図る。

  訪問看護ステーション・居宅事業所の再開を目指す。

 

5)人材の確保に注力する

 ①魅力ある診療システムを目指し、医療者として楽しく働ける職場を作りたい。

 ②物価高騰の時代に社会に見合ったベースアップを図る。

 

6)東南海震災の防災

  できるだけの備えをして、被害を極力抑えたい。この備えで近藤内科病院を持続可能な組織として再起動したい。

 

2024.4.30

bottom of page