top of page

新しい診療のお知らせ

更新日:2022年7月20日

①最新のMRI装置を導入しました。 7月7日より開始


②膝関節症のMRI診断と治療

膝関節スペシャリストの島川建明先生が毎週火曜日に外来診療を行います。島川先生は徳島市民病院で中四国の膝関節手術では常にベスト3でした。

また、外来でのリハビリ・鍼灸治療、訪問リハビリ、わかばデイサービスでのリハビリ・鍼灸治療を開始予定しています。



③脳ドック開始 7月7日より

脳解析プログラム(VINCENT)搭載

7月19日より ブレインヘルスケア脳ドック開始


④心臓リハビリテーションを開始します。 6月27日より

外来・訪問・デイサービスにて行います。

担当:循環器専門医(徳島赤十字病院循環器内科部長 岸宏一先生、近藤内科病院循環器内科 田村克也先生)、心不全療養指導士2名、心臓リハビリテーション学会所属理学療法士4名

心不全多職種連携


⑤CTバージョンアップにより被ばく線量が20~50%減弱しました。 6月20日より


閲覧数:943回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病棟内へのご家族の立ち入り(面会の制限について)

コロナウイルスによる感染が続いており収束までにはまだ時間を要しそうです。当院ではコロナウイルス感染者数の減少やコロナウイルスに対する感染対策の徹底など今までの経験を踏まえ、面会時間を下記のとおり緩和させていただきます。 *3親等以内またはキーパーソンの方で、無症状・周囲にコロナ陽性者がいない場合は、マスクを装着し、1時間以内の面会が可能です。 *面会時間と面会人数 15:30~17:30(日曜・祝

コロナワクチン6回目接種のお知らせ

4月15日の日本内科学会COVID-19シンポジウムにて、我が国の高齢者のCOVID-19抗体陽性者が著しく少なく、感染リスクが非常に高い。アメリカ・ヨーロッパの高齢者のCOVID-19感染後の抗体は高く、イギリスは90%が陽性。一方、我が国では高齢者の抗体はわずか30%。必ず到来すると言われている第9波、10波により、我が国の高齢者の死亡者数が世界で最高になると懸念される発表が京都大学公衆衛生学

Comments


bottom of page